WiMAXの通信速度制限の今度の動き【2014年度~2018年度】

2014y05m21d_183538020

WiMAXは業界唯一通信速度制限無しで、月々の通信容量を気にせず高速モバイル回線を楽しめる大きなメリットがあります。ただ、色々な通信速度制限の変更の噂が流れ「今度の速度制限は結局どうなるの?」と心配している方も多いと思いますので、WiMAXの速度制限の今後の動きについてわかりやすくまとめてみました。

2014年度~2015年度のWiMAX

WiMAXは2014年度~2015年度においては速度制限を心配する必要はありません。新規格の下り最大110MbpsのWiMAX2+に関しても全く通信速度制限無く利用することができます。

イーモバイルの下り最大110Mbpsのソフトバンク4G(AXGP)、ドコモの下り最大150MbpsのXiともに月7GBの容量を超えると速度制限が加えられるのですが、WiMAXでは2015年度までは一切速度制限なく利用出来るのが大きな強みです。

2015年度~2018年度のWiMAX

WiMAXの新規格WiMAX2+は契約後2年間は速度制限無しで利用出来るというアナウンスになっていますが、2015年度からWiMAX+2はイーモバイル同様に直近3日間で1GBを超えた場合に速度制限を加えられる可能性があります。また決定的な事ではありませんが、WiMAX+2に関しては2015年度以降も速度制限無しで利用出来る保障はないようです。

ただ、旧規格のWiMAXに関しては間違いなく2018年度までは無制限で下り最大40Mbpsを利用することができます。

そのため無制限で利用出来るモバイル回線をお探しの方にはWiMAXが良いでしょう。WiMAX2+は2015年度以降どうなるか微妙ですが、WiMAXに関しては2018年度までは無制限利用することが出来るので、「WiMAX2+は制限がなくなる可能性があるからイーモバイルやXiと何も変わらない」という意見もありますが、WiMAX自体は無制限利用出来る以上はイーモバイルやXiより遥かに優位性があります。

2018年度以降のWiMAX

UQ WiMAXの最大の強みは速度制限無制限であることなのですが、残念ながら2018年度には旧規格のWiMAXはなくなり新規格のWiMAX2+に完全移行という事になります。そのため2015年度移行にWiMAX2+に制限が加えられば完全無制限のWiMAXが消滅する2018年度にはUQ WiMAXの通信速度無制限利用というのは完全になくなってしまうという事になります。

ただ、2018年度までは2014年度からまだ年数がありますので、この期間にWiMAXを申し込みしても何らデメリットはありません。

この期間内では旧規格のWiMAX自体は無制限利用することができますので、2018年度以降にUQから無制限サービスが完全に無くなった時にWiMAXから他へ乗り換えるかどうかを検討すれば良いのです。

コメントを残す