2014年度のWiMAXとイーモバイルの徹底比較

ワイマックスイーモバ

モバイルルーター選びの中でも最も人気なのがUQコミュニケーションズによるWiMAXとイー・アクセスによるイーモバイルですよね。今回は2014年度(平成26年度)におけるWiMAXとイーモバイルの徹底比較をしました。2014年度に選ぶならどちらが最も良いのか気になっている方は是非参考にしてみてください。

2014年度WiMAXとイーモバイルの徹底比較

WiMAX イーモバイル
2014y05m21d_160000792 2014y05m21d_160131754
最新機種 HWD14 GL10P
端末価格 20,000円 42,000円
月々料金 UQフラットプラスツー4,196円 4Gデータプラン6,200円
月々割引額 ツープラス割500円 ずっとオトク割2,504円
月々実質料金 3,696円 3,696円
通信速度 WiMAX2+ 110-10Mbps

WiMAX 40-15.4Mbps

au4GLTE 75-25Mbps

※下り-上り

SOFTBANK4G 110-10Mbps

EMOBILELTE 75-25Mbps

SOFTBANK/EMOBILE3G 42-5.8Mbps

※下り-上り

通信制限 制限無し 7GB/月,1GB/直近3日間
制限解除 - 2GBごとに2,500円
連続持続時間 9時間半 10時間
接続可能台数 10台 10台
2014年度の料金面における比較

WiMAX≒イーモバイル

WiMAXとイーモバイルの料金面では初期費用の端末購入価格に開きはありますが、実質無料で購入することも可能ですので、端末費用はあまり気になりません。それに月額の実質料金も割引額を合わせると結局同じ3,696円という結果になりますので、2014年度においてはWiMAXとイーモバイルにおける金銭的な負担に対する違いはないです。

2014年度の端末機能における比較

WiMAX≒イーモバイル

WiMAXの高速通信WiMAX2+に対応した最新機種HWD14とイーモバイルのGL10Pはともに最大約10時間連続使用可能、接続可能数10台、約5秒のクイック起動、タッチパネル操作という点では違いがありません。どちらともにカラーは2色から選択可能です。WiMAXのHWD14はシルバー、レッドから選択可。イーモバイルのGL10Pはホワイト、レッドから選択可。どちらともに小型タイプですので、邪魔にはなりません。

2014年度の通信速度・制限における比較

WiMAX>イーモバイル

2014年度のWiMAXとイーモバイル最大の違いと言えば通信制限の有無です。イーモバイルでは月7GBを超えた場合、直近3日間で1GBを超えた場合には通信速度制限がかけられてしまい月7GB超過後には月末まで直近3日間で1GB超過後には当日6時から翌月の6時まで速度が急激に遅くなります。そのため解除費用は2GBごとに2,500円別途支払う必要があるんです。

一方WiMAXでは通信制限はありません。

完全に無いわけではありませんが、ほぼ完全にないと言っても良いでしょう。下り最大110MbpsのWiMAX2+は2015年度4月より通信速度に制限が設けられる可能性があると言われていますが、WiMAX2+に制限がかけられても128Kbpsのような速度まで制限される事はありません。なぜならWiMAX2+が駄目でも下り最大40MbpsのWiMAXは2018年度までは制限全く無しで利用出来るからです。

イーモバイルでは制限がかかると最大110Mbpsから0.128Mbps=128Kbpsまで通信速度を落とされてしまいますので、速度制限に毎月悩まされないためにも2014年度の選択ではWiMAXを選ぶのが良いでしょう。

ちなみに7GBは毎日動画コンテンツを1,2時間見ていれば超えてしまう容量です。そのためPCやスマホなど複数の機器の回線として利用するのは辛いです。

2014年度に通信エリアにおける比較

WiMAX>イーモバイル

WiMAXとイーモバイルの人口カバー率に大きな違いはありません。ただ、WiMAXがWiMAX、au回線を利用している事、イーモバイルがイーモバイル、ソフトバンク回線を利用している事から繋がらいやすさの違いが大きく異なっているんです。イーモバイルと言えばモバイル回線のパイオニアとして非常に人気があったのですが、ソフトバンクに吸収されてソフトバンク回線との併用によりイーモバイルがつながりにくいという声が非常に多くなったのです。

一方のWiMAXはWiMAX回線と一緒に利用しているのがKDDIのau回線です。auの回線はソフトバンクとは違って繋がりやすいという定評があり、実際WiMAX利用者の方がつながりやすさを実感されている方が多いです。そのため通信エリアやつながりやすさではWiMAXが良いでしょう。

2014年度のWiMAXとイーモバイルの最終評価

WiMAXとイーモバイルの2014年度における最終評価としてはWiMAXの勝ちです。

WiMAXとイーモバイルの端末性能における違い、初期費用や月額利用料の違いはあまりありませんので、特にどちらが優勢という事はありませんが、通信速度の制限や通信エリアにおけるつながりやすさという点においてWiMAXが大きくイーモバイルより優っていますので、WiMAXを選ぶのが妥当です。

ちなみにイーモバイルの方が優れているという点を探してみましたが、イマイチWiMAXよりもココが優れているという点が見つかりませんでしたので、やはり2014年度に選ぶなら通信速度無制限で繋がりやすいWiMAXでしょう。

コメントを残す