モバイルルーターは特典付きで契約しないと損

2014y05m20d_172417489

モバイルルーターの契約時には様々な特典が用意されていることがあります。そのため特典無しでモバイルルーターを契約してしまうと結果的に大損になってしまうことがありますので、注意しておきましょう。今回はモバイルルーターを特典付きで購入する場合とそうではない場合どれくらいの負担額の違いが出てくるのか検証してみました。

モバイルルーター特典付きと特典無し時の比較

特典無し 特典有り
初期費用 ・端末費用30,000円
・登録手数料3,000円
・端末費用0円
・登録手数料0円
月額料金 4,000円 4,000円
月額割引額 0円 500円
プレゼント額 0円 10,000円相当
1年間の実質負担額 81,000円 32,000円(49,000円オトク)

モバイルルーターには特典付きと特典無しの契約によって大損してしまうことがあるのですが、上記の例を見て分かる通り、年間の実質負担額が特典付きと特典無しでは49,000円も違う事が分かりますよね。

モバイルルーターでは契約時に端末費用と登録手数料が発生するのですが、端末の一般的な価格は20,000円~40,000円当たり、登録手数料は3,000円になります。そして月額料金は大体4,000円程になり初年度の年間負担額は合計81,000円になります。

特典無しでは本来かかる費用がそのまま発生することになりますので、81,000円の費用を実際に負担する必要があります。しかし、特典付きの契約で端末費用と登録手数料を免除してもらい月額利用料の特別割引を貰い、プレゼントを付けてもらえれば初年度の実質負担額は32,000円となり本来かかる費用より約5万円もオトクになるんです。

もちろん特典無しの場合でも本来必要なお金がかかるだけですので、大損という表現は正しくはないのかもしれませんが、特典付きで契約した場合に負担する額に比べれば大損であると言えますよね。なので、モバイルルーターを契約する場合には特典有りで購入しないで特典無しで購入してしまうと損だと言えるんです。

モバイルルーター購入時にチェックすべき特典

端末の割引額
登録手数料の免除
月々の利用料の割引額
キャッシュバックやプレゼント

モバイルルーターを損せずお得に購入するためにも「端末の割引額」「登録手数料の免除」「月々の利用料の割引額」「キャッシュバックやプレゼント」の特典の有無や特典の大きさを契約前に必ずチェックしましょう。

それらの特典次第で初年度の年間実質負担額が大きく変わってきますので、出来るだけ特典が多いところで契約を済ませることがモバイルルーターを導入する際に重要な事です。

コメントを残す