モバイルルーターとUSBデータカードの違い【どっちが良い?】

2014y05m20d_165604315

モバイルルーターとUSBデータカードの違いはどこにあるのか。モバイルルーターとUSBデータカードのメリット・デメリットは何なのか。今回はモバイルルーターとUSBデータカードどちらが良いのか紹介させて頂きます。

モバイルルーターとUSBデータカードの違い

何台利用出来るかどうか
バッテリーの駆動時間

モバイルルーターとUSBデータカードはともに外出先でパソコンをネット接続させることが出来るという利点があるのですが、モバイルルーターとUSBデータカードの大きな違いは「何台利用出来るかどうか」「バッテリーの駆動時間」の2点が大きく異なっています。

モバイルルーターは1度に複数のwifi対応機器に接続することが出来ますので、スマホ、PC、タブレット、音楽機器、カメラなど複数の回線を一元化することが出来る大きなメリットがあります。そのためスマホとPC、タブレットなどを外出先でも利用する方ならモバイルルーターを利用した方が月々の利用料を安く抑えられるんです。

一方、USBデータカードはモバイルルーターのように1度に複数の機器に接続することが出来ませんので、基本的にはパソコン1台のみの使用に限定されてしまいます。ただ、その代わりPCに直接差し込むので、バッテリー駆動時間を気にすることなくネット接続することが可能です。もちろんPC側のバッテリー次第ですが、USBデータカードはPCが起動し続ける限りは使い続けることが出来ます。

モバイルルーターとUSBデータカードどちらが良い?

メリット デメリット
モバイルルーター ・複数の機器に同時接続
・回線を一元化して節約
・バッテリーが気になる
・wifi対応機器でないと駄目
USBデータカード ・バッテリーが気にならない
・wifi非対応機器でも利用出来る
・PCのバッテリーが消耗する
・1度に1台のみの使用

モバイルルーターとUSBのメリット・デメリットを簡単にまとめると上記のようになりますので、「PCだけではなくスマホやタブレットなど複数の機器を利用したい」「回線を一元化して月々の支払い額を抑えたい」という方にはモバイルルーターが良いでしょう。

また「PCがwifiに対応していない」「モバイルルーターの充電が面倒」という方はPCに差し込むタイプで、バッテリーの充電のみで稼働するUSB型のデータカードの方が良いでしょう。

コメントを残す