フレッツ光を解約してモバイルルーターを利用するメリット・デメリットは?

2014y05m20d_200218743

フレッツ光を利用中の方はインターネットの月額料金を抑えたい事からモバイルルーターを検討されている方も多いと思いますが、フレッツ光を解約してモバイルルーターに切り替えることでメリット・デメリットはどんな事が考えられるのでしょうか。

フレッツ光からモバイルルーターに乗り換えるメリット・デメリット

メリット デメリット
光回線 ・回線が安定している
・通信速度が速い
・月額利用料が高い
・外出先で利用出来ない
モバイルルーター ・外出先でもネット環境が利用出来る
・スマホとPCの回線を一元化出来る
・月額利用料が安い
・固定回線よりは安定に欠ける
・通信速度が光よりは劣る

光回線とモバイルルーターの回線のメリットとデメリットを比較してみましたが、フレッツ光からモバイルルーターに乗り換える際のメリットは主に「外出先で利用可能」「複数の機器の回線を一元化して節約が出来る」「月額料金が安くなる」の3点です。

一方、乗り換える事によるデメリットは「固定回線よりも安定性に欠ける」「通信速度が光回線よりは劣る」という事です。

モバイルルーターへの乗り換えのメリット

外出先でも利用可能
スマホとPCの回線が一元化され節約出来る
月額料金が安い

モバイルルーターのメリットはやはり節約出来る事が一番大きなメリットです。

光回線では光の月額利用料に加えプロバイダ料合わせて約5,000円~6,000円程費用が発生するのですが、モバイルルーターであれば月額料金を3,000円台に抑えることが出来ます。そのためコストカットは約2,000円~3,000円にも及ぶのです。

またPCとスマホの回線をモバイルルーターに一元化すればPCの光回線代、スマホの定額料金を抑えることが出来ますので、月額合計5,000円~6,000円程のコストカットになりますので、年間約60,000円~72,000円のお金が浮く事になります。

モバイルルーターへの乗り換えのデメリット

光回線よりも安定性に欠ける
光回線よりも通信速度が劣る

モバイルルーターへの乗り換えのデメリットは通信回線の安定性・速度です。

ネット回線ではやはりモバイルよりも固定回線の光の方が優れていますので、ネットに接続出来る安定性やネット通信時の速度は劣る部分があります。光通信では東日本で下り最大200Mbpsで利用することが出来るので、速度ではモバイルは勝てません。

ただ、モバイルルーターの通信速度は高速通信の技術により早くなっておりFOMAハイスピードの最大14Mbpsからは大幅に改善されて各キャリアで下り最大110Mbpsまでの高速通信を利用出来るようになっていますので、通常使用においては大きな問題はありませんし、エリアの拡大により回線の安定度も高くなっています。

コメントを残す